仮想通貨投資をするときに知るべきポイント

仮想通貨はリスクが高い

最近では厳しい状況の中において一獲千金を狙う投資家が増えていますが、仮想通貨バブルによって起きているため興味を持つ人も増えています。

最近では、ビットコインが2020年12月に2017年に記録した最高値を更新し、2021年にはその倍額まで上がりチャンスだとも言われていたことが記憶に新しいところです。

しかし、実際には下落傾向にあり今後の見通しが不透明であることや、サイバー攻撃による盗難リスク、取引所の経営破綻リスクもあり不安要素が増えています。
2020年は新型コロナウイルス感染症の影響で経済や雇用の情勢が厳しくなり、今後の人生を悲観的に考える人が増える傾向が強いです。

このため、仮想通貨においてもリスクが高くなることが予想され、慎重に見極めて投資や資産運用をするようにしないといけません。

投資をしても必ずしも儲かるわけでない

仮想通貨は所有者がいないため世界各国で共通して送金などに使えますが、状況に応じて価格が変動します。
価格変動の要因は需給バランスや物価、天災地変、社会情勢などであり、最新のニュースで値動きの動向を確かめて投資をするよう心がけることが重要です。また、投資を副業としてする場合は余裕がある資金を使って運用を行い、日常生活に支障をきたすことがないようにする必要があります。

取引はインターネット上で行うためネットワーク上のトラブルやシステム障害が起きやすく、パスワードや秘密鍵が流出して不正に利用されやすいです。また、近年では法改正や税制の変更も行われ、きちんと対処できるようにしないと失敗するリスクもあります。

取引所や販売所を正しく選ぼう

仮想通貨で投資をするときは多くの取引所や販売所があり、口コミや評判などを確かめて決める必要があります。
取引所で仮想通貨の取引を行うときは手数料がかかり、なるべく安くなるようにしないと損をして困るものです。
また、経営破綻リスクもあり資産を失うことや、サイバー攻撃を受けて資産を失う危険性もあります。

このため、仮想通貨を使う場合には取引所や販売所を正しく選び、利益を積み重ねるように資産運用をすることが望ましいです。
2020年は新型コロナウイルス感染症の影響で大きく変わりやすい世の中になり、2021年もその傾向がありますが仮想通貨投資を成功させれば乗り切れる可能性があります。

しかし、取引所や販売所は今後は大きく変わりやすくなり、事前にTwitterやlineなどで口コミや評判などを確かめて選ぶことが大事です。