知っておくと安心仮想通貨の制度

ネット上で取引をされる仮想通貨というのは、今では投資副業を語る上で切り離すことができないものとなっています。
世界中と通貨を取引することができるため、取引を行う時間なども関係なく、本業が忙しい人たちにとっていつでもどこでも取引を行うことが出来るのは大変ありがたいもとなっています。

しかし、仮想通貨について昨今取り上げられるのは詐欺に遭ってしまったなどのネガティブなものばかりで、投資を始めたいと思っている人においては不安が募ってしまい結局気になるけど始めるのは怖いとしり込みしている人が多いのです。

しかしそれは、安全に取引を始めることができる方法というのを知らないだけに過ぎません。じつは仮想通貨においては平成29年に仮想通貨の交換業に関しての制度というものが導入されています。この制度というのは、利用者が安全に仮想通貨を売買することができるように確立するための制度です。

交換業というのは、仮想通貨と法定通貨の交換を管理する企業のことを言います。言うならば、仮想通貨のお店といったところです。この交換業を誰でも行うことができるのではなく、登録制で行うことが義務つけられており、金融庁の登録を受けた機関だけが行うことができます。

この登録を受ける為には株式会社であることと資本金が1000万円以上あること、交換業務が正確に遂行される体制が整っていることが上げられています。利用者に対しては、仮想通貨の銘柄の説明であったり仕組みを説明したり、投資の特性の情報提供を行うこと、また、取引を行う際に手数料などの費用の説明をしっかりと行うことが義務付けされています。

つまり、このような取り組みを行っている機関で取引を行うことで安全に投資副業を行うことが出来ます。詐欺を行う人のなかには、月に数十万円の返金を確約するなどの名目で金銭を詐取しようとたくらむ人もいるのですが、このような誘惑は違法性に溢れています。

まず、個人間で仮想通貨のやり取りを行うことは出来ませんし、投資というのは必ず儲けを生み出すようなものではありません。そのため、月にいくらの返金を確約するという言葉が出てくること自体制度に反していることになるのです。

しっかりと制度を知っておくことによって、さまざまな被害から身を守ることができますので制度の仕組みなどは頭に入れておくことが大切です。
そのうえで取引所を選択するために、投資の口コミサイトなどを閲覧して自分にあった取引所で始めてみられることをおすすめします。